スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔の念。

ブログアップが遅れましたが、今回、潤子は、安産で4匹産みました。


(ほとんどが文章ばかりです)


しかし、そのうちの2匹が120g近くあるのに対して、残りの2匹が60gちょっとしかなかったんです。


実は、潤子、1回目の交配の後、1週間後、またヒートが来たので、再度交配させていたんです。
そういう場合、1回目が受精できなかったからヒートが来るパターンが多いのですが、
もしかしたら、・・・・いや、出産日は、1回目から数えてちょうどいい日数でしたので、その2回共に受精してしまったのでは?と思われます。
なので、ここまで大きさの違う子が生まれたのでは????

DSC_8702.jpg

大きい子たちは、順調に体重が増え、約10日目で250.230gという状態でした。
ただ、小さい子たちは、人口哺乳(シリンジ)してましたが、思ったより伸びていかず、週末よりカテーテルでの
直接胃に流し込むパターンに切り替えていました。
仕事先にも、お願いして昼休憩でいったん帰って人口哺乳を続けていました。
(ブログ更新は、一旦落ち着いてから報告しようと思っていました)

そのタイミングとほぼ同時期に、潤子の産箱のお引っ越しが、1日に2~3回という頻度になり、
そのせいもあってか、上の子も土曜日から体重の伸びが無くなってしまいました。

小さい子の件もあって、私自身、体重が伸びない=「危険」「怖い」という心理状態にあったんだと思います。
上の子たちにも、哺乳瓶で人工哺乳させてみましたが、全く飲まず、
この子たちにも、カテーテルで数回、直接胃に流し込んでみたんです。

その約半日後、なんか大人しいし、おかしいと思い、獣医に行きました。(いつもの獣医が休みだったので、昔利用していた、別な獣医に)

「うんちとシッコが溜まりまくってるから、危険だよ。出さなきゃ」って、
すごい勢いで、雑巾を絞るかのような感じでお腹を押し始めたんです。そんなに押して大丈夫?って位に!!
確かに、2匹とも、かなりの量のうんちとおしっこが出ました。

そして帰宅して、2~3時間後、2匹の喘ぎが激しくなり、夜間病院へ行こうかと悩んでたあっという間に、まずは2番目の大きい子が亡くなり、
その30分後に、上の子も亡くなってしまいました。
まったく同じ状態の亡くなり方でした。




しばらく放心状態で、なんでこの子、よりによって順調に育っていたはずの上の子たちが亡くならなきゃならなかったのか、
動揺しまくっていました。
(相談させていただいた、Uブリーダーさん、本当に、すみませんでした)




今、少したって、・・・・どう考えても、私が誤嚥させて肺炎を引き起こさせたんだと思います。
獣医が言うように、うんちもおしっこもたまってる状態で、胃の中のミルクがまだ消化できないままなのに、そこへ私がカテーテルでどんどんミルクを入れてしまったので、逆流して気管へ入ってしまったのでは?!と思うんです。
(または、獣医でお腹を押しまくってた時に、逆流して誤嚥ということも考えられますが・・・・・。)
2匹が,同じ症状で、ほぼ同じタイミングで亡くなる。
それも、順調に大きくなっていた2匹が。
私の、人為的ミス、配慮不足でのことです。

本当に、潤子には申し訳ない・・・・。
オマメの時以来の久々の出産で、ちゃんと手を焼かせず、ひとりで安産で産んでくれていたのに・・・・・
大きい子の方は、カテーテルをやらずに、そのまま潤子に任せていた方が、今生きている可能性が高かったんでしょうね。きっと・・・・・。
.
本当に、ごめんね・・・・。
私が、死なせてしまったも同然です。

おっきい子、1号レッドの男の子、2号ルディの女の子でした。
ごめんね。本当にごめんね。
DSC_1118.jpg




今は、小さい子にミルクをあげている状態ですが、潤子も本能か、一番小さい子を産箱から追い出してしまうんです。放置です。
なんとか、育ってほしいけど、未熟児の様なので、どうもミルクの量の割には増えないし、大きくなりません。
60ちょっとから今、11日目、105と140で少しだけ増えましたが、それでも亡くなった上の子の約半分。
2匹の間でも差が出てます。



この子たちも、とても厳しい状況です。









金曜日までは、こんなことになるなんて、思ってもみませんでした。
悔やんでも悔やみきれません。
過去の記事も読み直し、前の潤子の子供の時も、一匹、ウンチが溜まってて、
ミルクが飲めず、亡くならせていたことがあったのに、
また今回、こんなことになってしまい、自分の不甲斐無さに、腹立たしい思いでいっぱいなんです。

これまで人口哺乳で後悔するようなことはなかったのですが、人が介入する難しさを、今更ながら、実感させられました。

後は、できる限り頑張ってみます。

スポンサーサイト

くろックCute DC01
ウェルカム♪
プロフィール

かねこみみ

Author:かねこみみ
cattery INSUUBUNKAI
猫&犬が生きがいの、10月1日生まれのメス「かねこみみ」です。

アビシニアン専門の繁殖をしています。

たま~に保護猫ちゃん、ワンコの里親募集もありますが・・・。 

ペットのこと、リフォームのこと、仕事のこと、「萌えるもの」のこと(?)etc.なんでもありです・・・・・苦笑。

HP「cattery INSUUBUNKAI」を新しくしました!!是非、覗いてみてくださいね。https://cattery-insuubunkai.amebaownd.com/

いんすうぶん会の猫達は、エイズ、白血病の判定検査、PK-def、血液型等ののDNA検査をしております。

動物取扱業登録  岐保本第250号-020106 有効期限H32.10.21 責任者SHOKO ABE
最新記事
検索は、こちら・・
QRコード
携帯からも見れますよ
QR
ポチット見に行こう!
ネタべつに・・・
お気に入りブログ
このブログをリンクに追加する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別に・・・
メール出来ます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。